Home»宅建»登録実務講習» 【登録実務講習】通信講習の内容は?【九州不動産専門学院】
a

【登録実務講習】通信講習の内容は?【九州不動産専門学院】

登録実務講習

『通信講習ってどんなことをするの?難しい?面倒くさい?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、通信講習についての不安を手放していきます。

スポンサーリンク

1.登録実務講習の通信講習

通信講習は絶対受けなきゃなの?

登録実務講習を受けるのであれば、通信講習は必須です。

というのも、

登録実務講習:通信講習+通学講習

という感じでセットだからです。

目安として、『通信講習1ヶ月、通学講習2日間』と書かれていますが、ぶっちゃけ通信講習は1日で終わらせることも出来ます。

ですが通学講習はみっちり2日間あります。やはり“2年間の実務経験と同等”にするためには、これぐらいしないとダメなようです。

通学講習については別記事で解説するとして、今回は通信講習についてを「かなりぶっちゃけて」まとめていきます。

九州不動産専門学院の場合

と、その前に今回の内容は「九州不動産専門学院」の場合です。

※当たり前なのですが、ボクが九州不動産専門学院の1校しか受けていないので、他のスクールと内容が一緒かどうかは分かりません。

「え~TACとか大手じゃないの?」と思う人もいるかもですが、安心してください。

九州不動産専門学院は全国で27校しかない「国土交通大臣の登録を受けた講習を行う登録実務講習実施機関」なので、ちゃんとした所です。

しかも1年の最終募集である「11月コース」をやってくれてる数少ないスクールなのです。

12月が宅建の合格発表のため、どうやら1月や2月が登録実務講習のピークらしいです。

(そんなこと知らなかったボクのように)応募の波に乗り遅れた方は、ぜひ「九州不動産専門学院」を検討してみてください。

※別に案件ではないのですが、お世話になったので宣伝しておきました。


という訳でさっそく、「令和3年11月」の最新情報をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

2.通信講習ってどんな感じ?

実際の課題(口外禁止なのでモザイクかけてます)

全部で20問

〇×形式の問題「20問」送られてきます。これを解くのが「通信講習の課題」です。

「え?宅建のテキストとか捨てちゃったよ?」と思う方も居るかもですね。僕も合格後、ソッコーで参考書売ったので焦りました。

ですが大丈夫でした。テキストも一緒に送ってくれたからです。そのテキストを読んで答えを探していきます。

ぶっちゃけ、試験内容なんか一切覚えてないので、こんなの習ったか?と思うような問題ばかりでしたが、参考書のおかげで何とか埋められました。

通信講習は1ヶ月と書いてますが、たぶん頑張れば1日で終わります。(※ちなみに僕は7問ずつに分けて3日かけて解きました。)

解く→郵送

解き終わったら解答用紙「返信用封筒に入れて郵送」します。

11月27,28日がスクール日だったのですが、その1週間前「11月20日必着」となっておりました。

なので『課題は必ず解くこと、課題は必ず送ること』が大事です。

スポンサーリンク

3.課題の内容が最後の試験に出る?

最後の試験に一切関係ない

通信講習でやった課題ですが、最後の試験には一切関係しません。

なので安心して解いてください。

間違っていてもOK

この通信講習、答えが間違っていても全然OKです。最後の試験に一切出ないからです。

ただ、提出しないのはNGです。

提出しないと、最後の試験が受けられないからです。

なので、“間違っていても良いから答えを書いて提出する”ことが大事です。

通信講習で解答をもらう

とはいえ、正解が気になる方も居ますよね。

答えは通信講習に行った際にもらえるのでご安心ください。×の問題にはしっかり解説もついていました。

スポンサーリンク

まとめ

・通信講習は課題を提出すればOK
・課題は〇×問題20問
・課題は間違ってて良い、試験にも出ない