Home»宅建»登録» 【実務経験なし】宅建合格後の登録方法について【合格から時間が経った】
a

【実務経験なし】宅建合格後の登録方法について【合格から時間が経った】

登録

『むかし宅建に合格したんだけど、実務経験ない場合どうやって登録するの?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、ただの宅建合格者を手放していきます。

スポンサーリンク

1.宅建合格者と宅建士

合格しても「宅建士証」は送られて来ない

宅建に合格した後の「最大の疑問点」ですが、

“宅建試験に合格したら、自動的に「宅建士証」が送られてくる”と思いませんか?

実はそうではないのです。

宅建士証を手に入れるまでに、次のような流れがあります。↓

なので合格しただけでは、ただの「宅建合格者」です。

宅建士になるには、

①2年以上の実務経験 or 登録実務講習受講
②合格後1年以内に登録 or 法定講習

などの条件が色々あります。

実務経験なし&合格したのは昔

という訳で今回は、

・実務経験2年未満
・合格から1年以上経過

の場合に、「宅建合格者」から「宅建士」になる流れを紹介していきます。

スポンサーリンク

2.講習2回、申請2回が必要

流れは?

改めて「実務経験2年未満&合格から1年以上経過」の人が、宅建士証をゲットするまでの流れを確認すると、以下の感じです。

宅建合格

登録実務講習

宅建士資格登録申請

法定講習

宅建士証交付申請


宅建士証ゲット

(面倒くさいですが)講習2回と申請を2回して、ようやくゲットできるという感じです。

時間がかかるため、一気に紹介してもあれだと思うので、まずは1個目の講習と1個目の申請までを紹介しようと思います。

登録実務講習とは?

登録実務講習とは、

“本当は宅建士証を渡すのに、
2年以上の実務講習が必要なんだけど、
2日間講習を受けたら、
2年以上の実務があるとみなしてやるよ”

という制度です。

2年分を2日間に詰め込んでくれるので、実体験した僕の感想は、

・2日間9時から17時までみっちり
・2日目の最後の試験がある
・しっかり授業を受けていれば受かる

という感じでした。

宅建士資格登録申請とは?

資格の登録申請は、

・どこに:合格した試験地の都道府県に

・何を持って:登録申請書、誓約書、身分証明書、登記されていないことの証明書、住民票の抄本、合格証書の原本とコピー、登録申請書用顔写真、登録実務講習修了証、印鑑、お金(※身分証明書は免許証とかではないので注意です)

・何をする:申請書を提出しに行く

という感じです。


身分証明書は「本籍地のある市区町村」で、登記されていないことの証明書は「法務局」で取得できます。

どちらも直接取りに行くのも良いですが、遠方の方やご多忙の方は、郵送でも取り寄せられるので調べてみてください。

スポンサーリンク

3.かかる費用は?

登録実務講習はいくら?

相場は2万円前後です。

僕が行った「九州不動産専門学院」は早割が効いてて、13,200円で済みました。これはかなり安い方だと思うので、お近くの方は良かったら確認してみてください。

(※僕が行った回は、長崎熊本から来ている人もいました。)

それと、登録実務講習の内容は下記でまとめています。

【登録実務講習】通信講習の内容は?【九州不動産専門学院】
【登録実務講習】通学講習と修了試験の内容は?【九州不動産専門学院】

宅建士資格登録申請はいくら?

資格登録申請費は、なんと37,000円もします。高いですねぇ。。

法定講習はいくら?

次に法定講習ですが、12,000円です。

法定講習は5年に1回受けなければならないので、これからもかかってくるお金です。

宅地士証の交付申請は?

そして最後の申請、宅建士証の交付申請は4,500円です。

以上の合計金額が7万円を超えます。

ここまでやって、払って、やっと手に入れることができます。なんて高い免許証なんだ。。

本当、合格するまでも、合格してからも大変な宅建免許なのでした。

スポンサーリンク

まとめ

・宅建に合格しただけなら「ただの合格者」、宅建士になるには手続きが必要
・「実務経験2年未満」「合格後1年以上経過」の場合、講習2回・申請2回が必要
・宅建に合格してから免許にせず放置していたら、宅建士証にするまでに7万円以上かかる