【超アバウト説明】手形って何?【イメージだけ捉えたい人向け】

「お金」の面倒を手放す

ねぇ。手形(てがた)ってなに?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「手形なんて知らねぇ」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.手形(てがた)とは?

「今度払うね」

手形とは、「今度払うね」っていう約束の紙です。

今度とはいえど、期限付き

友達との約束じゃないので、今度とはいえど、ちゃんと期日が指定されています。

3月10日に終わった仕事だけど、そのお金(100万円)は、6月10日に払うよ。だから、はい、手形ね。

こんな感じです。

スポンサーリンク

2.期限後いつまでに

約束した日にちから何日以内に?

手形は、なんと支払期日から3営業日以内でなければいけません。

もし、手形を持参する銀行と引き落としの銀行が違う場合は、2営業日以内となっています。

なんともせかせかしたスケジュールとなっております。

どこで換金するの?

手形は銀行に持って行けばOKです。

持ち物は、
・手形
・通帳
・銀行印
・手数料(数百円)
という感じです。

「約束の日より前にお金を受け取ることはできないのか?」

これについては追々書いていきます。

きょうはこの辺で・・・

スポンサーリンク

まとめ

・手形とは、今度払うね!って紙
・今度とは言えど、期日は決まってる
・銀行で換金できるけど、期日から2~3日しかない