【疑問】遅刻は悪いことか、考えてみた【ちなみに遅刻しない派です】

「人付き合い」の面倒を手放す

遅刻って悪いことですよね?

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「遅刻についての悩み」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.遅刻は悪いことか?

別に悪くはない

遅刻自体は別に悪くないと思います。

その人が勝手に遅れ、勝手に被害を受けてても、こちらには何の問題もないからです。

「授業に遅れて、単位がとれなくて留年した。」
と言われても、「へ~」ですよね。

誰かの時間を奪っているか?

とはいえ、遅刻をすることで、誰かの時間を奪ってるなら、話は別です。

もし身勝手な遅刻で、誰かの時間を奪ってるなら、相手の命を軽く見過ぎです。人をナメ過ぎです。

その遅刻がなかったら、病院に間に合って

スポンサーリンク

2.遅刻をした人のデメリットは?

信用を失う

遅刻した人のデメリットは、「信用を失うこと」だと思います。

僕は遅刻をされると、

「この人は約束を守らない人なんだ」
「自分のことをナメてるんだ」

と判断します。

とはいえ、怒りはしません。

「この人もういいや」

遅刻をしてきても、特に怒ったりはしません。(以前はキレて帰ってました。)

ではなぜ、最近怒らなくなったかというと、怒るエネルギーが勿体ないからです。

『遅刻=信用できない=今後の付き合いはナシ=そんな相手に怒るのはもったいない』という考えです。

つまり、怒りをあらわにしてなくても、心の中では引いてるし、「この人もういいや。次はもうないな。」って、放り投げてる場合がほとんどなのです。

だから、遅刻した方で、「ぜんぜん良いですよ~」と言われたから安心♪はかなり危険な考え方だと思います。ご注意ください。


スポンサーリンク

まとめ

・遅刻自体は別に悪いことではない
・ただ、誰かの時間を奪ってるなら悪い
・遅刻のデメリットは信用と、周囲の人を失うこと