【真剣勝負】ウルトラライトダウンvsシームレスダウン【ユニクロ】

ミニマリスト

ウルトラライトダウンとシームレスダウン。ミニマリストならどっちを残す?

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「どちらかのダウン」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ミニマリストのアウター問題

アウターはこの3着のはずだった

以前この記事で書いた通り、アウターは、

・ウルトラライトダウン(ユニクロ)
・シームレスダウン(ユニクロ)
・マッハ5ジャケット(ノースフェイス)

の3着で決まりなはずでした。

「この3着でこれから数年間の冬を越そう」と。

最強な1着が飛び込んできた

そんな中、最強な1枚が友人から送られてきました。その名も、

ノマドパーカ(モンベル)

これ暖かすぎて、めちゃくちゃ優秀です。

そんな強者が登場してしまったので、ダウンを着る機会が一気に減りました。

なのでダウン2着も要らない、て訳で今回比べて、どちらかを手放そうと思います。

スポンサーリンク

2.メリット・デメリットは?

ウルトラライトダウン

ウルトラライトダウンのメリットデメリットは次の感じです。

〇 安い
〇 軽い
〇 温かい
〇 コンパクトになる

やはり「小さく収納できる」のが強すぎですね。旅行好きには高評価でしかありません。

× 穴が空きやすい
× 少しダサい
× 極寒はムリ

薄くて軽いが故に、「耐久性に少し難アリ」です。無茶なことをすると、「ピッ」と切れて、中から綿が出てきます。

あとはシームレスダウンと違ってハリがないので、少しだらしなく見えてるかもです。

シームレスダウン

シームレスダウンのメリットデメリットは次の感じです。

〇 温かさが無敵
〇 カッコイイ
〇 機能性バツグン
〇 皆の声を聞きアップデート

毎年、お客さんの声を反映して、改良を重ねてるだけあって、着心地は最高に良いです。

× 少し高い
× かさばる
× コンパクトにならない

やはり、厚いので「持ち運びづらい」のが最大のデメリットです。

ミニマリストとして、鞄1つで旅行したい身としては、シームレスダウンはサイズオーバーです。

スポンサーリンク

3.ウルトラライトダウンvsシームレスダウン

選ばれたのはこっちでした

ウルトラライトダウンを残すことにします。

勝因は?

ウルトラライトダウンが買った理由は、以下の感じです。

理由①九州が温かい
理由②旅に持って行かない
理由③少々寒い方が良い

まず、九州が「シームレスダウンが必要なほど寒くない」ということです。

じゃあ「どこか旅行に行くときは?」と聞かれそうですが、シームレスダウンはかさばりまくりなので、持って行きません。となると、近場でも遠方でも着ない訳です。

それに、薄着の方が、ムダな脂肪が落ちやすくなります。

そういったのを踏まえて、シームレスダウンを手放し、ウルトラライトダウンを残そうと思います。

スポンサーリンク

まとめ

・ウルトラライトダウンvsシームレスダウンは、ウルトラライトダウンの勝ち
・シームレスダウンの悪いところは、持ち運びにくいところ
・多少薄着の方が、脂肪は落ちやすくなる