【ツヤ消し黒】ワイパーアームを塗装する方法は?【日産ラシーン】

「クルマ」の面倒を手放す

『ワイパーアームがサビたり剥がれてる。。塗装する方法は?』

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「ボロいワイパーアーム」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ボロボロのワイパーアーム

コイツを塗っていきます

僕のラシーンです。

ワイパーアームの塗装がボロボロです。。
今回は、コレを塗っていきます。

必要な物は?

・マスキングテープ
・タオル
・マイナスドライバー(小)
・12mmスパナ(モンキーで代用)
・耐水ペーパー(800番,1000番)
・シリコンオフ
・プラサフ
・艶消しスプレー

これプラス、塗装する時の「台」か「吊るす装置」があるとやりやすいです。

スポンサーリンク

2.ワイパーアームを塗装する方法は?

大まかな流れ

大まかな流れは以下の感じです。

①マスキングする
②ワイパーアームを取り外す
③耐水ペーパーで磨く
④シリコンオフで脱脂
⑤プラサフを吹く
⑥耐水ペーパーで磨く
⑦ツヤ消しブラックで塗る
⑧ワイパーアームを取り付ける

①マスキングする

まずはワイパーの位置をマスキングしておきましょう。

これは取り付ける時、「位置が分からなくならないように」です。

②ワイパーアームを取り外す

次に、ワイパーアームの根本を見てください。

丸い「カバー」がされていると思います。もっとよく見ると、くぼみがあります。そこに「マイナスドライバー」を入れて、少しひねるとカバーを外すことができます。

カバーを外すと六角が現れるので、「12mmスパナ」で外します。左回転で取れます。この際、手が滑って周りを傷つけたりしないよう、タオルを敷いておくと安心です。

六角が取れたら、ワイパーアームの折れる部分を、車に向かってグッグッと押します。するとワイパーアームを取ることができます。※今回、ワイパブレードは塗らないので外します。

③耐水ペーパーで磨く

そしたら耐水ペーパーで、水研ぎをしていきます。

「800番→1000番」の順で良いと思いますが、サビが酷い場合は「600番→1000番』でOKだと思います。

その後洗って乾かします。

④脱脂

そしたらシリコンオフスプレーで脱脂します。

その後、よく乾かします。

⑤プラサフを吹く

いよいよスプレー作業です。

まずは「プラサフ」を吹いていきます。

この時、塗りやすい位置にセットしてください。僕はダンボールにワイヤーを引っ掛けて吊るしました。2〜3回吹き、間に5~10分ほど乾かします。

⑥耐水ペーパーで磨く

プラサフが終われば、再び耐水ペーパーで磨きます。

というのも、プラサフで少しボコボコになっているからです。1000番で磨いていき、ツルツルになればOKです。やりすぎるとせっかくのプラサフが剥がれてしまうので注意です。

その後、しっかり乾かします。

⑦ツヤ消しブラックで塗る

やっとやっと塗装です。長かったですが、ここまで来れば早いです。

最初は薄くパラっと塗ります。2回目、3回目と段々厚くしていくので、最初は薄く塗ってください。塗ったら5〜10分ほど乾かします。3〜5回ほど塗ればOKだと思います。


あとは外した時の逆の手順で取り付けて終わりです。

スポンサーリンク

3.ツヤ消し黒のスプレーはどれを?

AZ ラバーペイント マットブラック

僕はAZラバーペイントを使いました。

「下地いらない」って聞いてましたが、プラサフした方がキレイになるでしょとプラサフしました。

ですが後で調べた感じ、やっぱり下地不要でした。。

よく見るスプレー

これらはブログやYouTubeでよく見ます。

スポンサーリンク

まとめ

・ワイパーアームを塗る時はツヤ消し黒が良さげ
・根っ子を12mmスパナで外して引っ張れば取れる
・ペーパー→脱脂→プラサフ→ペーパー→スプレー