【絶望】何をしたいのか分からなかった【ヤリタイコトの見つけ方は?】

「面倒くさい」を手放す

やりたいことって何だろう…。そんなの、どうやって見つけるの?

という悩みにお答えします。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「やりたいことが分からない…」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.やりたい事って?

「やりたいことが分からない。」

3年前、僕は21歳でした。
その頃、されて1番嫌いな質問がありました。

「やりたいことは何?」という質問です。

なぜ嫌いかと言うと、
その答えが自分でも分からないからです。


周りは、自分のやりたい仕事が分かってて、
そこに向かって飛び込んで行ってるのに、
自分は何がしたいのか分からなくて立ち止まってました。

進みたいのに、進めなくて歯がゆい感じです。
とても孤独を感じました。


でも、「就職→退職→転職」としてきて、
やりたい事が見つからない理由が分かりました。


それは、『動いてなかったから』でした。

やりたいことを見つけるには?

やりたいことを見つけるコツは、
やりたくないことを削る」が良いです。

つまり、しらみつぶしに
「割と好きかも」をやってみる。

それで、やっぱり嫌だったら
辞める、捨てる、手放して行く。

こうしていけば、好きな事が分かっていきます。


例えば、恋愛で言うと

まだ誰とも付き合った事ない状態で、

「自分は〇〇で、△△で、××な人が好き。」
「絶対にこういう人と合う。」
「こういう人に合えば結婚する。」
とか言えますか?

たぶんそこまで言い切れないですよね。

漫画やドラマ・友達の話とかを聞いて
「なんとなく」は分かるかもですが、
的確にこういう人!ってのは難しいですよね。

だから数をこなして、
「こういうタイプの人がいる。」
「こういうタイプとは合わない。」
「自分はこういう人が好きだと思っていたけど違った。」
とか段々分かっていくのが普通かなと思います。



だから、やりたいことが分からなくても
まずは試す。駄目ならすぐ切り捨てる。

無駄に3年とか粘らない。駄目なものはダメです。


”私は失敗したことがない。
ただ1万通りの、
うまく行かない方法を見つけただけだ。”

(トーマス・エジソン)

このエジソンの考えにならって、
「嫌いじゃない→やってみる→嫌だった→次」
を繰り返して行けば、

気づいた時には

「楽しくてしょうがない」
「キツいけど頑張りたい」
「天職かもしれない」

というものに出会えるのです。



では次で今現在、
仕事に関して悩んでいる方に向けて書きます。

スポンサーリンク

2.就職とかどうしよう…

これから就職の方へ

職探しで悩んでいる方、どうか
「大手最強思考」の人に惑わされないでください。

これから就職した会社が全てではありません。
そこで必ず定年まで働く事もありません。
仕事を途中で辞めても死にません。

実際僕も、大手最強思考の人に
こんな事を言われました。

・ちゃんと大手に入りな?
・ブランド価値が違うよ
・そんな誰でも入れるような会社辞めときな
・大手の肩書があるだけで得するよ
・大手は待遇が良いから最高だよ
・親のためにも大手に入った方が良いよ
・転職したら給料は下がる一方だから、
最初は大手の方が良いよ


この言葉たちにかなり苦しめられました。

でもその言葉を振り切って進んだら、
全然なんてことありませんでした。

だからもっと気楽に選びましょう。

やりたい事が分からないのであれば、
当たり障りのない大手を選ぶのではなく、
自分が嫌いな事をしなさそうな会社を選ぶ
のです。


やりたいことはやりながら見つけていきましょう。
まずはやってみる。これでOKです。

今いるところを辞めたい方へ

今いる場所が嫌なら「辞めて良い」です。

でも、もしそれで辞めて後悔しても
もちろん僕は何の責任も取りません。

無責任かもですが、逆に
「あと5年続けな。5年続けたら絶対楽しくなるから」
とかの方が無責任だと思って言えません。

だから嫌なら辞めてOKだと思ってます。

仕事辞めても死にませんし、
崖っぷちになった方が、
今まで思考停止していた脳が
強制的に動き始めて良かったりします。



仕事を辞めるとなると、
周りの大人たちが非常にうるさかったりします。

「そんなに辞めて。」
「本当使えんやつだな。」
「辞めても履歴書汚すだけだぞ。」

こんな冷たい言葉ももらったりするかもですが、
大丈夫です。


本当に好きな事なら続きます。
例え辛くても乗り越えられます。
勝手に向上していきます。


だからエジソンを見習って、
好きな事にぶち当たるまでトライしましょう。


では最後に思い悩む人に多い、
完璧主義の治し方を紹介して終わりにします。

スポンサーリンク

3.こんなテキトーで良いの?

完璧より30点

ぶっちゃけテキトーで良いです。
人生ナメてかかるぐらいで良いです。

だって完璧主義だと、

・遅い
・ハイリスク
・頼みづらい
・挑戦しづらい
・成長しづらい
・できるか、できないか2択
・セルフプレッシャーで病む

という感じで、辛いからです。

だから「30点でいいや」と思うと良いです。
70点とかよく聞きますが高すぎます。
まずは30点でOKです。


30点を合格ラインにすると、
肩の力が抜けて楽になります。
スピードもあがり、
行動量も増え、
完璧を目指すより成長できるという仕組みです。


と言っても完璧主義はなかなか強者です。
すぐに修正するのが難しいかもしれません。
そんな時は以下がオススメです。↓

海外旅行はアリ

海外旅行を利用しましょう。

と言っても、
「自分探しの旅」とかではありません。

完璧主義を手放すため」ですね。

海外のテキトーに働く人たちを見れば、
自分の異常な基準の高さに気づきます。

もちろんそれを見て、
・質を落とせ
・手を抜け
・さぼれ
と言ってる訳ではありません。

「これでもいいんや」
を知っていて欲しいのです。

「こんな働き方でもいいんや」
と頭に入れて働いてほしいんです。

そしてそれを、
「無理しそうな時」や「諦めそうな時」
に思い出して欲しいのです。



完璧主義な人はいつも自分に圧を掛けています。
そして段々潰されていきます。


だから自分の力の抜きどころを知るために、
一度海外を見てみるのも良いかもですね。
ちなみに僕のオススメはタイです。

スポンサーリンク

まとめ

・やりたいことが分からない場合は、
「やりたくないこと」を削っていく
・やりたくないことを削るには、
どんどん「割と好きかも」をやっていく
・やってみてダメだったらすぐ切り捨ててOK。
・好きな事が見つかれば自然と続くし、向上する。
・もっとテキトーに生きて行こう