【山口県】屋代島(やしろじま)ってどんなとこ?【別名:周防大島(すおうおおしま)】

「旅行」の面倒を手放す

『山口県にある、屋代島ってどんなとこ?見どころは?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「屋代島について調べる手間」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.屋代島(周防大島)ってどんなところ?

ハワイ感ただよう島

屋代島(やしろじま)は、山口県の下側にある島です。

屋代島が正式名称ですが、周防大島(すおうおおしま)と呼ばれることが一般的なようです。また、島の形が金魚のようなので、金魚島とも呼ばれてたりします。

そんなジャパンな島なのですが、実は「ハワイっぽい島」なのです。

その理由は、1885~1894年で島の約1割の人がハワイへ渡り、帰国後ハワイの文化や習慣を取り入れたからだそうです。

ハワイ州カウアイ島と「姉妹島提携」を結んでいるほどです。

交通アクセスは?

電車は?

島に電車はありません。本州から橋を渡って島に入るのですが、橋の手前(本州側)に最寄り駅があります。

駅の名前は、大畠駅(おおばたけえき)で、そこからはバスになります。

車は?

「大島大橋」を通ればスグ島です。

本州から10分で島に行けます。

島の中の移動手段は?

①マイカー
②レンタカー
➂タクシー
④バス
⑤自転車

車で島を1周するなら2時間かかる島だそうです。なお、自転車だと島1周5時間ほどのようです。(参考記事)

スポンサーリンク

2.おさえておきたいインスタ映えポイント

有名な食べ物は?

ググると、屋代島のインスタ映えするカフェ情報は沢山出てきたので、僕はちょっと別視点から。

男ウケしそうなメニューをご用意しました。(↓)

①道の駅サザンセトとうわの「みかんソフト」
②アロハオレンジの「ギャング丼」
➂たちばなや食堂の「中華そば」

お腹が満たされなければ、楽しい旅はできない!ということで、うまくてガツンな物をまとめました。

有名な場所は?

ご飯から一転して、インスタ映えするスポットをご用意しました。(↓)

①片添ケ浜海水浴場(かたぞえがはまかいひんよくじょう)
②屋代ダム(やしろだむ)
➂真宮島(しんぐうじま)
④嵩山展望台(だけさんてんぼうだい)
⑤星のビーチ

片添ケ浜海水浴場は、超王道スポットです。「まるでハワイ」とのことです。とは言え、海自体綺麗なので他にも「逗子ケ浜海水浴場」や「庄南ビーチ」がオススメなようです。

屋代ダムには屋代ダム公園というのがあり、「大型の人工芝滑り台」があるので、ワハハと笑える動画が撮れるのでは?と思ってランクインさせていただきました。

次に真宮島ですが、干潮時の「3時間だけ道が現れる」無人島です。歩いて渡ることができます。

嵩山展望台は、パラグライダーの発射台があり、そこからの眺めが最高です。

星のビーチは、海の真横に星のモニュメントがあります。夜になると点灯もするので、遅くなってからのインスタ映えも可能です。

スポンサーリンク

3.屋代島(周防大島)の車中泊事情

車中泊スポットは?

車中泊スポットは以下の2つかなと思います。(↓)

①道の駅サザンセトとうわ
②片添ヶ浜海浜オートキャンプ場

1つ目のサザンセトとうわは「島唯一の道の駅」で、有名な車中泊スポットです。

片添ヶ浜海浜オートキャンプ場は、その名の通り、車を乗り入れてキャンプが出来るので、気兼ねなく車中泊ができます。

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

まとめ

・屋代島(周防大島、金魚島)は、日本のハワイ
・海が綺麗で、インスタ映えスポットが多数ある
・1周車で2時間。車中泊スポットもあるので、車の旅にオススメ