【効果抜群】オススメな酔い止め市販薬【パニック時の吐き気にも】

おすすめ

よく効く酔い止め薬を教えて欲しい。パニックの発作時の吐き気にも効くのとかないですか?

というお悩みに、がお答えします。

こんばんは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「吐き気」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.効果バツグンな酔い止めとは?

アネロンニスキャップ

他人の運転だと秒で酔う僕が、何種類もの酔い止め薬を試してきて、唯一にしてダントツで効いたのが、「アネロンニスキャップ」でした。

大学の時から使ってるので、5年以上愛用してます。

本記事で、アネロンの特徴や注意点を紹介していきます。

Amazonで買った方が安いかも

アネロンはドラッグストアでも買えます。以下ような値段設定になってます。

アネロンの公式ページ

3カプセルで600円は高いと思うかもですが、アネロンは「1日1カプセル」で良いので、3カプセルは3日分と考えてください。なので、1日200円です。

ケチってその日が楽しくなくなるぐらいなら、全然出しますよね。

もちろん合う合わないがあると思うので、最初から9カプセルを買うのではなく、3カプセルから試すと良いかなと思います。

ちなみに、Amazonで買った方が全然安いです。

スポンサーリンク

2.アネロンの特徴と注意点は?

特徴3つ

①1日1粒で良い

効果が長く続くのが特徴です。ミニマリストなので、持ち運ぶ量が減るのも嬉しいです。薬を飲むのを忘れがちな人や、薬を飲むのが苦手な人にもオススメです。

②酔ってからも効く

酔ってからも効きます。ただ、即効性はそこまでないようなので、乗る30分前までに飲むのがオススメです。

③カプセルだから飲みやすい

粉薬や、苦い薬が苦手な人は嬉しいです。

注意点3つ

①14歳までは飲めない

アネロンは、15歳からの薬なので注意ください。

②飲むとめちゃ眠くなる

僕だけかもですが、飲んだら睡魔に襲われます。なので、飲んだあとに運転するのは、辞めておいた方が良いかもです。

③カゼ薬と一緒に飲めない

アネロンは、一緒に飲んではいけない薬があります。

以下、ホームページよりそのまま抜粋してます。

他の乗物酔い薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、胃腸鎮痛鎮痙薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、アレルギー用薬等)は一緒に使用しないでください。

スポンサーリンク

3.パニックによる吐き気にも効く?

パニックの吐き気にも効きました

これは使い方が合ってるか分かりませんが、パニックによる吐き気にも効果がありました。

実際、僕はパニック障がい者でして、今から乗り物に乗るってだけで、猛烈な「吐き気」に襲われていました。

それを緩和してくれたのが、「アネロン」でした。

いつも使ってたこともあり、”アネロンを飲んだら吐かないという、思い込みが強かった“のもあると思いますが、それでも吐き気がおさまるのは助かります。

アネロンはお守り

だから僕は、パニックの症状が続くときは、アネロンをお守りとして持ち歩いてます。

いざとなったらコイツがある」と思うだけで心強く、いくつもの難所を乗り越えられました。

だから普通に酔った時以外にも、精神的にやられて、酔った訳でもないのに吐き気が止まらない方も、試す価値ありです。

僕は医療関係者でもなんでもないので、自己責任にはなりますが、少しでも嫌悪感が緩和されれば嬉しいです。

スポンサーリンク

まとめ

・乗り物酔いには「アネロンニスキャップ
・少し高いけど、効果はバツグン
・眠くなるので、服用後の運転は注意
・ パニックによる吐き気にも効く。お守り代わり