【1日3食はヤバい】夜ご飯は寝る何時間前まで?【プチ断食が凄い】

「からだ」の面倒を手放す

夜ご飯って、寝る何時間前までに食べたら良いの??

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「夜ご飯に関する疑問」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.夕食は何時までOK?

寝る3時間前まで

最低でも寝る3時間前まで」に食事を終わらせておきましょう。

なぜ3時間なのか?

胃腸の働きがいったん落ち着くのが、「食後3時間後」だからです。

胃腸が活発なときに寝ると、睡眠の質を下げてしまうのです。


ゴールデンタイムは、22時~2時と言われています。

なので、22時に寝るとすれば、3時間前の19時には食べ終わっておきたいので、18時から食べ始めるぐらいが良さげです。

遺伝子的に夜型の人であっても、人間の構造上2時までには寝た方が良いので、22時から食べ始めて23時までには食べ終わっておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

2.ついでにプチ断食がオススメ

プチ断食とは?

プチ断食とは1日のうち、

・16時間は食べない
・残り8時間に食事をする

という方法です。

たとえば、「12時~20時の間だけご飯を食べる」とかです。

これなら2食たべられますし、寝る3時間前もクリアできそうです。

8時間以内なら何を食べても良いの?

なんと、8時間以内なら何を食べてもOKです。

これは嬉しいですよね。

下手に「3食もやし」とかより、16時間ガマンして、8時間好きな物を食べる方が良くないですかね。

スポンサーリンク

3.1日3食が良いのはウソ!?

1日3食は食べすぎ

1日3食が大事」と、よく聞きますが、実は1日3食は食べすぎです。

1日に3食も食べると、胃は休むことができません。僕たちが、長時間労働で疲れるように、胃も長時間働くと疲れてしまいます。

そして、胃が疲れると、僕たち自身も疲れてしまします。具体的には、

・ダルくなる
・老化が進む
・体内で炎症が起こりやすい

とかです。1日3食たべて老けるのは驚きですよね。

他にも、普通にカロリーを取り過ぎで、高血糖や、肥満・ 糖尿病・高血圧・脂質異常症・動脈硬化・ガンなど、食べすぎによる「生活習慣病」を引き起こしてしまいます。

そもそも、朝1でご飯を食べれるようになったのは「ここ最近」でして、 狩りが終わってから食事ができるのが基本でした。なので1日2食の方が普通だったんですよね。

プチ断食の効果は?

という訳で最後にプチ断食の効果をまとめて終わりにします。

プチ断食の効果は、なんと、11個もあります。(パレオさんのブログを参照)

①痩せる
②寿命がのびる
➂血液サラサラ
④風邪をひかなくなる
⑤癌にかかりにくくなる
⑥頭がよくなる
⑦お腹の調子がよくなる
⑧気分がよくなる
⑨アンチエイジングに効く
⑩睡眠の質が改善する
⑪美肌になる

良いこと尽くしです。ぜひやってみてください。

スポンサーリンク

まとめ

・寝る3時間前までに食事を終わらせる
・理由は、睡眠の質が下がるから
・1日3食は食べすぎで老ける
・プチ断食も取り入れたら最強