【YouTube】100人いくまでにやった「3つ」の事【格安オススメグッズも】

「YouTube」の面倒を手放す

『YouTubeで登録者数100人に行くには、何をしたら良いかな??』

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「登録者数が伸びない」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.100人突破しました

2020/6/25~2021/3/13

「2020年6月25日~2021年3月13日」の約9ヵ月をかけて、やっとYouTubeの登録者数が100人を突破しました。(チャンネルはこちら)

「しょべーよ」という声が聞こえてきてもおかしくないですが、僕のようになかなか100人に行かないという人の役に、少しでも立てればと思い記事を書いています。

なので本日は、「100人にいくまでに気を付けた3つの事」について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

2.100人いくまでにやったこととは?

3つある

僕がYouTubeの登録者数100人いくまでにやったことは、

①量をこなす
②削る
➂続ける

の3つです。

これについて詳しく説明していきます。

①とにかく出す

僕はYouTubeをやるにあたって、「何が当たるか分からないんだから、とにかく出せ!!」とずっと自分に言い聞かせてきました。

始めはどうせ誰もみませんし、質は数をこなしてたら勝手に上がってくるので、最初は何も考えずにどんどん出していくことをオススメします。

30本出せば1本ぐらい当たる動画が出来るかもしれません。とにかく動画をアップしていきましょう。

②ムダを省く

量をこなせるようになれば、次は「ムダを消すこと」に注意します。

例えば、

・ムダな動画を消す
・ムダな話はカットする
・ムダな編集はしない

などです。

ある程度数を出したら、「視聴回数が伸びない動画」は消していきます。すると、ジャンルが絞られてきます。そしたら自然と専門チャンネルができます。

専門性がある方が登録者が増えやすいように思います。


それと、「関係無い話はどんどんカットする」必要があります。というのも、卵焼きの焼き方が知りたいのに、豚汁の作り方は不要な情報ですよね。違う話ばかりされては、イラっとしてしまいます。(急いでいれば尚更)

なので、『この動画ではこれを伝えたい』というのに関係ない話は、どんどんカットしていくことをオススメします。


編集を凝り過ぎると1つの動画に時間がかかってしまい、量が出せなくなります。なので、最低限で良いと思っています。

➂やめない

あとはシンプルで、「100人行くまでやめない」ことです。

すごく当たり前ですが、100人行く方法は、100人行くまでやめなければ良いのです。

スポンサーリンク

3.YouTubeを始めるのに必要な物

この4つがあれば無敵

①撮影用のスマホ
②ぐねぐね三脚
➂パソコン
④編集ソフト

特に映像にこだわるチャンネルでないなら、スマホで十分だと思います。

そのスマホを挟める三脚が、「ぐねぐね三脚」です。めっちゃっくっちゃ使い勝手良いです。

パソコンは動画編集ができるスペックの物が良いです。僕もお金ない中19万円で買いました。(スペック:surface LapTop、Core i7、CPU 2.50GHz)

編集ソフトは「ダビンチ・リゾルブ」がオススメです。理由は、『高機能なのにタダ』だからです。

最後にそのソフトのインストール方法をご紹介して終わりにします。(↓)

ダビンチ・リゾルブのインストール方法は?

ダビンチリゾルブは、複雑に見えますが、ググればだいたいの情報が出てきます

スポンサーリンク

まとめ

・登録者数100人行くには、①どんどん動画を出して②ムダは削って➂それを続けて行くこと
・100人行くには、100人行くまでやめないことが1番大事
・YouTube始めるのに必要な物は、スマホ・三脚・パソコン・ソフトがあればOK