【雑誌のような収納】目指す必要ナシ【挫折した人はズボラ収納派】

「片づけ」の面倒を手放す
この記事を書いている僕(@Eita_continue)は、超めんどくさがり屋です。そして雑です。
なのに、部屋は綺麗なのです。用意も早く、物を無くしたりもしません。

 

それはズボラ収納のおかげでした。そんなズボラ収納を今回紹介させてください!

もくじ
1.諦める必要ありません。実は収納には2種類あります!
 □「丁寧な収納」と「ズボラ収納」
 □丁寧な収納が向いている人
 □ズボラ収納が向いている人
2.ズボラ収納の例を3つ紹介
 □洗濯物は畳まない
 □しまわない
 □扉は閉めない
3.まとめ
スポンサーリンク

1.諦める必要ありません。実は収納には2種類あります!

□「丁寧な収納」と「ズボラ収納」


↑よく雑誌等で紹介されている、「収納と言ったらこれが正解だ!」「ここまでしないと収納とは言えない!」「綺麗な見た目命!」みたいな感じを出してくる、こういう収納が「丁寧な収納」です。

それに対抗して登場するのが「ズボラ収納」
「収納は綺麗にしまい込む事ではない!」「使いやすさを追求した配置や、手間のかからない効率upを図れる収納こそ正義だ!」という合理的な収納法です。

ズボラな人は収納とか片づけが苦手だと思われがちですが、それは丁寧な収納を目指すからです。性格と型が合わな過ぎて続かないのです。だから、「自分は片づけられない人なんだ…」と肩を落とす必要はありません。心配しないでください、自分に合う方法でやれば片付けられるようになります!

ちなみに僕は、断然ズボラ収納派です。
雑誌のような収納をしなければと、収納ケースを買ってきては失敗を繰り返しました。
片づけや掃除を楽にするには「物を減らす事」が結構重要なのですが、「そもそも収納ケースとかも物じゃん!」という当たり前の事に気づいてから、収納グッズになるべく頼らない収納法を考えています。

□丁寧な収納が向いている人


丁寧な収納が向いている人

・キッチリ統一感を出さないと気持ちが悪い
・収納は見た目が命
・中身は見せたくない
・収納ケースのサイズを測ったり、買ってくるのが苦じゃない。楽しい。
・インテリアが好きな人
・ケースという物自体が好き
・割と物が多い人で、収納能力の高い人
・雑貨が好きな人
・丁寧な暮らしを心がけている人
・部屋に安らぎを求めている人
・実用性よりデザイン性が大事
・人に持ち物を見られたくない人
・物を取る時に1アクション増えても面倒だと思わない

ザっと思いつくだけ書き出してみました。
と言っても僕と真逆の事を書いただけですが…(笑)

ですが、実際は
丁寧な収納が「本当にできている人」って一握りだと思います。
実際フタを開けてみたら、収納ケースの中はグチャグチャ
中が見えないから、というところに甘えている人が少なくありません。

だから収納ケースの中を綺麗に保てない人は、
自分はズボラ収納の方が向いているのでは?と、一度方向性を疑ってみるのもありかと思いますけどね。

□ズボラ収納が向いている人


こうしていても、

↓すぐに


こうなる人は、ズボラ収納が向いています。

他にも、

・丁寧な収納が面倒過ぎる
・雑誌見ても全くやる気でない
とにかく手間が嫌い
・家事とか片づけとかとにかく時短したい
・キチっとし過ぎるとストレスが溜まる
・見た目より使いやすさ重視(デザインより実用性が大事)
・持ち物を見られても全然気にならない
・掃除のしやすさ大事。じゃないと掃除しないから。
・1アクションで取れないと嫌
・スピード命。フットワークの軽さが売り。
・探し物している時間が一番もったいない
・準備がすぐに出来る部屋づくり大事
・物が少ない。使う物しか持たない。
・物をいったん収納ケースに入れて隠す事が理解できない
・適当にしまってもそれなりに様になる収納法がいい
・合理的に生きたい。無駄が嫌い。

こんな感じですかね。

後半では、ズボラ収納について、僕が実際にやっている事を3つ程紹介します。
ただ、ズボラ収納って正解がなくて、「自分が楽を出来る収納法を考える」事が全てです。

これをこうしたら、
・使いやすくなった
・手間が減った
・楽な姿勢で使える
などを、どんどん工夫して更新していって欲しいんです。

時間に追われ、スピードが求められ、ストレスの溜まる時代で少しでも
時間を短縮し、イライラする事なく生きれるかは自分のカスタマイズ次第だと思います。
自分の使う部屋ですから、どんどん自由にカスタマイズしていってくださいね。

最後によくある質問と回答に対して、1つ屁理屈を言わせてください。

Q「なぜ収納ケースに入れるのですか?」
A「上の方にしまった物が取りづらいからです」
→上の方にしまわなくて良いように物を減らせば良いのに。

さて、ズボラ収納を紹介していきます!↓

スポンサーリンク

2.ズボラ収納の例を3つ紹介

□洗濯物は畳まない


洗濯物は「干す=収納完了」です。

クローゼットに干せば良いのです。

そのために必要な事が2点あって、

・乾きやすい素材、厚さの服を選ぶ
・服の枚数を減らして、クローゼットに十分な空きを作る

です。

これについては、以下の記事で詳しく説明しています。洗濯物系の記事をまとめましたので、気になった記事を読んでみてください。何かヒントがあるかもしれません。

ハンガーにかけたまま!実は洗濯はそのままで良かった!?
→干す=収納完了ってどういう事!?

 

一人暮らしで洗濯がめんどくさいので、あえて毎日するようにした話。
→洗濯って面倒ですよね…。でも、だからこそ毎日するんです。

洗濯を1番楽にする方法【全てを〇〇〇で終わらせよ!】服の管理法も
→洗濯はここで終わらせたら1番楽です。

毎日洗濯する人に必要な服の枚数は?【乾きにくい冬でもOK】
→毎日洗濯するご家族住まいの方は、実は〇枚でOKなんです。
もちろん一人暮らしで毎日洗濯する方もこの枚数でOKです。

【洗濯編】気づかぬ間にやっている無駄遣いとは?【知らないと大損】
→あれ、もう洗剤ない!?この間買ったばかりなのに。という方読んでみてください。

□しまわない


持ち物は、クローゼットやタンス、ケースなどにしまい込むのではなく
手術で使うメスとかのように、ただ並べて置いておくのです。

綺麗に並べる必要はなく、棚とかにただ置くだけでOKです。

それでサマになるように、物は少ない方が良いです。
ブランドショップのように棚1つに対して、鞄1個とか。
そこまでいくと、「これ飾ってんの!?何かオシャレじゃん!」ってなりますよね。

削ぎ落した結果、一周回ってオシャレになると言いますか。

まぁ実際はオシャレになるのが目的ではなく、
取り出しやすさ、しまいやすさの究極と言ったところでしょうか。
単純に楽じゃないですか。1アクションで済みますし。

ちょっとこだわるとしたら、
全て並べるのではなく、吊るせる物は吊るした方が掃除が楽ですよって感じですかね。
まぁ物が少ない時点で、十分楽なんですがね。

吊るす収納なら、この記事がオススメです。(↓)
「収納」ではなく「吊るす」「並べる」【飾って、1秒1タッチ。】

□扉は閉めない


正確に言うと、扉を閉められないようにするのです。

つまり、扉という扉を全て外してしまうのです。

全てオープン棚にしておくのです。

まぁここまで読んでくださった方はお察しの通り、
「ドアの開閉めんどくさくね?」「手間だから外してしまおう」という事ですね。

賃貸でもドライバー1つあれば、簡単に扉外せますよ。退去の時に設置しておけば、何の問題もありませんでした。(経験済み)

スポンサーリンク

3.まとめ

・収納には「丁寧な収納」と「ズボラ収納」の2種類があって、多くの人にはズボラ収納があっていると思う。丁寧な収納が本当にできている人は少ない。
・ズボラ収納は見た目が悪いとかではない。より使いやすく、より合理的な部屋を作る収納法だった。