【ズボラが伝授】洗剤などのストックを管理する方法【面倒な収納なし】

「片づけ」の面倒を手放す

この記事を書く僕(@Eita_continue)は、超めんどくさがりでありながら、片づけ大好き人間です。一見真逆のこと言っているようですが、ズボラだからこそ片づけるのです。片づけ方法や、効率の良い物の配置・使い方、ミニマリストの情報などを発信していきます。

▷そもそも何が面倒なのか?

「買い物に行く前に、在庫を確認する事が面倒」なんですよね。

もっと具体的に言えば、
「いちいち引き出しとか収納ケースを開けて確認する動作が面倒」なんです。

面倒だから確認をしなくなります。
すると、まだ残っている物を買ってきたり(2度買い)、買い忘れたりします。
2度買いを繰り返していたら、収納スペースはパンパンになって、もっと管理しづらくなります。
買い忘れを繰り返していたら、もう一度買いに行かなければなりません。2度手間ですよね。

だから一番根っこの「確認作業が面倒」というところを、解決しないといけないのです。

もし「それぐらい全然苦じゃない!」と言う方は、ズボラ収納必要ありません。
テレビや雑誌で紹介されている、「見た目が綺麗な収納法」が適しているかもしれないです。
そちらを参考ください。

では、「事前確認が面倒すぎる」と言う方、
その面倒な在庫確認を楽にする方法お教えします。↓

▷見渡すだけの楽な確認方法とは?

確認するための動作が面倒なんですよね。
だから、パッと見て在庫が分かれば良いんです。

つまり、しまい込む収納を辞めましょう。
それだけです。
出しっぱなしにしておけば良いのです。

確認のためにした動作と言えば見に行っただけです。
ノータッチです。必要最低限の動きしかしていません。

ただ、この見渡すだけの確認法を成功させるために
最初のちょっとした手間だけやっておいてください。

その手間というのが、「出す」事です。

袋から出す。箱から出す。
見える化するようにしてください。


例えば、トイレットペーパー。
12ロールとかがセットで売っていますよね。
あれを買ってきたその日に袋から出して、一ヶ所に山積みにしておいてください。

それだけでOKです。
下手に収納ケースに入れたり、布をかけて隠したりしないでください。
露出度を100%にしておく事で、パッと見が成功するのです。

更に、トイレットペーパーを新しい物に取り換える際も楽です。
パッと見れるという事はパッと取れる、パッと使えるという事です。

ワンアクションで済むなんて、ズボラにはたまらないシステムですよね。
パッと見て在庫が分かるように工夫をこらしてください。


どんな工夫があるかと言うと、
例えば、「備え付けの収納スペースに扉が付いているんです。」という場合は、
扉を取ってしまえば良いのです。オープン棚にすれば良いのです。
ドライバーを使えばすぐに取れます。賃貸でもやってOKです。(実証済み)

常に見える化しておけば、普段使っている最中に
「あ、あと1個だ」とか分かるから労力がお得ですよ。

スポンサーリンク

2.綺麗な収納がどうも出来ないんだが?

▷収納は手間を増やしているだけ


収納は3つ手間を増やしています。

1つ目は、取り出す手間。
2つ目は、しまう手間。
3つ目は、掃除の手間。

です。

露出度100%のむきだしの状態にしておけば、ワンアクションで物が取れます。
しまうのもワンアクションで済みます。

ですが、収納ケースや箱に入れるとそれを開けるという手間が増えます。

それだけで済めばまだ良いですが、一番厄介な掃除の手間が増えます。
収納グッズも物の1つです。物が1つ増える度に、管理コストが増えて行くからです。

例えば、書類の管理方法についてです。
書類を直接棚に置けば良いのに、いちいち収納ケースに入れた場合
棚と収納ケースの両方を掃除しなければならなくなります。

結果、綺麗な収納を完成させても掃除が面倒でやらなくなり、
ホコリまみれの収納グッズや、管理できていないため2重に買いすぎたストック品で溢れ
目も当てられない状態に陥るのです。

▷見た目をこだわるのは最後

見た目をこだわるのは最後です。
最初は効率が先です。

効率を良くするという事は、無駄を省くという事です。
無駄を省くとストレスが減ります。
ストレスがないと続ける事ができ、習慣になります。

習慣になってからやっと、見た目にこだわっても良いのです。

こだわって”も”と書いたのは、別にこだわらなくても良いからです。
気にしない人は別にそのままで良いです。
やはり見た目にこだわると少なからず、機能性(効率)が悪くなるからです。

よし!綺麗にするぞ!
とやる気に満ちている方は、綺麗な収納から始めるのではなく、綺麗を維持できる方法を考えてください。見た目なんて後です。とにかく面倒な作業を省く事に徹底してください。

スポンサーリンク

3.ズボラでも少しは見た目にこだわりたい

▷ズボラでも使いこなせる収納グッズとは


最も楽な収納法、それはズバリ「吊るす事」です。

吊るすと、使う時もしまう時も簡単です。しかも床に接さないため、極めて掃除が楽です。
ですので、突っ張り棒で吊るせる物はどんどん吊るしてしまいましょう。

突っ張り棒の良い点が2つあって、

1つ目は手入れが楽
2つ目は耐荷重があるため、吊るしすぎ防止

という事です。

棒にちょっとホコリがつくぐらいなので、
吊るされている物を左半分にダーッと寄せて右半分を拭く
逆に右半分に寄せて左半分を拭く。以上です。吊るされているから寄せるのが楽ですよね。

床に置く分にはいくらでも置けるけど、吊るすとなればそれなりに制限がかかります。
それが逆に良いのです。使い勝手の悪さを、逆手に取った考え方です。

▷イメージはコンクリー打ちっぱ、ブランド店


コンクリー打ちっぱのようなむき出し感。
ブランド店のような高級感。をイメージして
ストック品をかっこよく置いてみてください。

厳選された少しの物しかないブランド店、
その厳選された物がむき出しの状態で置かれていても様になるようなコンクリー打ちっぱ感。

こんなイメージで物を減らして、収納グッズに頼らず工夫してカスタマイズして行くと、
ズボラでも非常にカッコイイ部屋に出来上がります。

スポンサーリンク

4.まとめ

・ズボラならしまい込む収納はやめよう
・パッと見て分かるように、むき出しの状態にしておこう
見た目にこだわるのは最後、最初は効率を考える
吊るす収納がとにかく楽
・ズボラな人が使いこなせる収納グッズは突っ張り棒