【超簡単】WordPressのサイトを公開停止するには?【楽勝】

「ブログ」の面倒を手放す

WordPressで作ったサイトを、いったん公開停止にしたいんだけど、やり方が分からない…。やり方を教えて!簡単な方法でお願い!

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、「WordPressの公開停止の悩み」を手放していきます。

スポンサーリンク

1.WordPressを「公開停止」にするには?

プラグインで公開停止にする

WordPressで作ったサイトを公開停止するには、プラグインを使わないといけません。

「プラグイン増やしたくない」と思うかもですが、一時的に入れるだけで、サイトを公開するときに消せば良いだけの話です。

それでもプラグインを増やすのが嫌な場合は、こちらで紹介されている「Basic認証」をお試しください。”WordPressの記事やサイトを非表示にする方法2つを紹介

プラグインの名前は?

公開停止のプラグイン名は、「 WP Maintenance Mode(ワードプレス メンテナンス モード) 」です。

今回は、『インストール → 設定 → 実際にサイトを停止した画面』まで紹介していきます。参考になれば幸いです。

ではまず、プラグインのインストールからです。

スポンサーリンク

2.プラグインの入れ方は?

プラグインのインストール方法

①ワードプレスを開く
②左側のメニュー欄から、「プラグイン」→「新規追加」の順でクリック。

③検索窓に、プラグイン名を入れて検索していきます。

「WP Mainte」ぐらいまで入力すれば出てくると思っていたら、全然違うプラグインが1つ出てきただけでした。お目当てのプラグインがヒットしないので、少し焦ります。

ですが、不思議なことに、「WP Maintenance」まで入れると出てきます。なので、

WP Maintenance Mode

↑これをコピペして貼り付けるのが、一発で出てきて楽です。

④「今すぐインストール」をクリックします。

これでプラグインのインストールは終わりです。

インストールしたら「有効化」

⑤表示が有効化に変わったら、「有効化」をクリックします。

これでプラグインが使えるようになりました。

ここからは「プラグインの設定」をしていきます。
※設定をしないと、公開停止になりません。

スポンサーリンク

3.プラグインの設定の仕方は?

プラグインの設定方法

⑥有効化ボタンを押したら、左側のメニュー欄から「設定」をクリックします。すると一覧が出てくるので、その中からたった今有効化した「WP Maintenance Mode」をクリックします。

⑦「一般」の項目を設定していきます。1行目を「有効化」にチェックします。

⑧そのまま下にスクロールして、「設定を保存」をクリックします。これで公開停止になりました。

再び公開にする場合は、「無効化」にチェックを入れて、「設定を保存」をクリックすればOKです。

停止画面

実際の停止画面は以下の感じです。

サイト停止中(PC画面)

サイト停止中(スマホ画面)

おまけ

停止中画面の、「文字」や「背景画像」を変更できます。

さきほど有効化した隣の、「デザイン」から編集可能です。

画像は自分のフォルダに入ってる画像にもできます。

最後に「設定を保存」をお忘れなく。

スポンサーリンク

まとめ

・WordPressで作ったサイトを、公開停止する場合は、プラグインを使う
・プラグインの名前は「WP Maintenance Mode」
「有効化」を2回するだけで公開停止になる(①プラグインの有効化②設定の有効化)