【3通りある】第6回豊前てんぐウォークの申し込み方法【用紙のもらい方や手順は?】

ウォーキング

こんにちは。
エイタという名前で、YouTubeに動画をアップしている者です。
100キロとか歩いたりしています。

今回は、

豊前てんぐウォークって、どうやって申し込むの?

という疑問に、答えていきます。

1.豊前てんぐウォークとは?

豊前市役所周辺を歩く大会

豊前てんぐウォークとは、毎年春に行われる、豊前市役所周辺を一周するウォーキング大会です。

コースは全部で「4種類」あり、ご自身の体力や条件に合わせた距離を選ぶことができます。

具体的にはこんな感じです。▼

【 豊前てんぐウォーク 】
①チャレンジコース(30km)
②トライアルコース(23.3km)
③バリアフリーロードコース(3.4km)
④ファミリーコース(10.1km)

※詳しい地図はこちらから確認できます。

事前申込必須

そんな豊前てんぐウォークですが、当日申込みはできません。「事前申込必須」となっております。

申込期間は、

令和5年(2023年)12月1日
~令和6年(2024年)1月15日必着

となっており、まだ1ヶ月ほど余裕があります。ですが期限内でも募集人数である「600人に達したら締め切る」そうなので、参加予定の方はお早めに申込みを済ませることをオススメいたします。

申込方法については、3通りありましたので、それぞれ手順と共に詳しく紹介していこうと思います。

2.申込み方法は3通り

①持参する場合

まず、持参する場合ですが、

参加申込書
・参加費
(※参加費用については後述します。)

を持って、豊前市役所生涯学習課まで持っていきます。

参加申込書は、こちらから印刷が出来ます。

もしかすると申込書は役所でももらえるかもしれませんが、ホームページには“記入済みの参加申込書”と書かれているので、一応用意してから行った方が良いと思います。

参加費以外に追加でお金がかかるということはほとんど無いですが、しいて言うなら、印刷代と役所に行くまでの交通費、あとは時間に制限があるかなと思います。(恐らく平日の8時30分から17時まで)

②郵送する場合

次に郵送で申し込む場合ですが、

参加申込書
・参加費
(※参加費用については後述します。)

現金書留で豊前市役所に郵送します。

手順としては、

①参加申込書を印刷する(➡こちらから)
②参加申込書を記入する
③郵便局で現金書留用の封筒を買う(21円)
④封筒に必要事項を書く
⑤封筒に参加申込書と参加費を入れる
⑥窓口で現金書留費用を支払う(480円)

という感じです。

わざわざ役所まで行く必要がないので、役所が遠い人は助かりますが、印刷代や封筒代、現金書留費用が必要なので、+500円ぐらいかかるって感じですね。

▼ちなみに送り先はこちらです。

③振込の場合(オススメ)

最後に振込で申し込む場合です。振込の場合は、「専用の払込書(払込取扱票)」を使います。

「郵便局でもらう普通の払込書」でも良いのか気になったので、電話で問い合わせたところ、「専用の払込書を送りますので、そちらを使って申込みをしてください」とのことでした。

ですので、振込で申し込む場合の流れは、

①豊前てんぐウォーク実行委員会に電話する(0979-82-8059)
②住所・氏名・電話番号を伝える
③専用の払込書が届くのを待つ
④払込書が届いたら記入する
⑤郵便局にて支払いをする(払込手数料かかる)

という感じになると思います。

北九州50キロウォークなどは、郵便局の窓口でもらえる普通の払込書に書けば良いので①~③の手間がかかりません。なのでそっちの方がラクだけどなとは思いましたが、払込書に何を書けば良いのか分からなくて困っている人にとっては、専用の払込書の方が分かりやすくてありがたいかもしれません。

という訳で、振込の場合は、

・専用の払込書
・参加費
(※参加費用については後述します。)

があればOKです。専用の払込書が、参加申込書の代わりを果たしているため、振込の場合は参加申込書は不要です。

最後に大会の参加費と、「払込手数料を最低限で抑える方法」について紹介して終わりにします。

3.豊前てんぐウォークの支払いについて

参加費は?

豊前てんぐウォークの参加費は、条件によって金額が変わってきます。

①チャレンジコース(30km)
②トライアルコース(23.3km)
 大人3,000円 高校生以下1,500円

③バリアフリーロードコース(3.4km)
 大人2,000円 高校生以下1,500円

④ファミリーコース(10.1km)
 大人2,500円 高校生以下1,500円

という感じです。

豊前てんぐウォークでは「障がい者割引」というものがあり、上記の金額から『大人は-1,000円』、『高校生以下は-500円』となっております。

詳しくはこちらをご覧ください。▼

払込手数料を最小限に抑える方法

払込手数料を最低限に抑える方法は、①ATMの機械で、②通帳orカード払いを選択することです。

ゆうちょ銀行の口座を持っていない方は、②が出来ませんが、それでもATMを使うことで、窓口で払うより安く済みます。

どれぐらい違うかですが、具体的にはこんな感じです。

・窓口&現金払い:313円
・窓口&口座払い:203円
・ATM&現金払い:262円
・ATM&口座払い:152円

という感じです。僕がオススメしているのは、太字の部分です。

もしATMの操作方法が分からない場合は、手順を写真撮ってきましたので、良かったらご活用ください。

ATMの操作方法

「払込書」と書いてあるところに、記入してきた専用の払込用紙を入れます。▼

用紙の内容が表示されるので、間違いがないか確認します。▼

ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方は、ここで「通帳・カード」を選択することで、手数料を最安におさえられます。▼

通帳かキャッシュカードを入れます。▼

「終了」を押して終わりです。▼

ATMから控えの紙が出てくるので、一応大会に持っていった方がいいと思います。

お疲れ様でした。m(_ _)m

まとめ

・豊前てんぐウォークは豊前市役所周辺を1周する大会
・事前申込が必須
・申込方法は3つ①直接②郵送③振込

タイトルとURLをコピーしました