【透かしナシ】無料動画編集ソフト・ミニツール ムービーメーカーが初心者に優し過ぎた…【操作方法も紹介】

YouTube

こんにちは。
エイタという名前で、YouTubeに動画をアップしている者です。

今回は、

無料動画編集ソフトの「ミニツール ムービーメーカー」はオススメなのか?

という疑問に、答えていきます。

(※ミニツール ムービーメーカーは「Windowsのみ対応」です。Macの方は利用できませんので、ご注意ください。)

1.ミニツール ムービーメーカーはオススメなのか?

初心者にオススメ

「ミニツール ムービーメーカー」という動画編集ソフトですが、初心者にオススメだと思いました。

その理由は、

『操作方法が分かりやすい』

これに尽きると思います。

こちらがミニツール ムービーメーカー(以下、ムービーメーカー。)の編集画面です。

英語表記なので、僕のように英語が分からない人は「読めない!」「意味が分からない!」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

文字の横に描いてあるイラストを見れば、何を表しているのかだいたい分かりますし、加工に関しても、プレビューがあるおかげで、どう変化するのか分かります。

つまり、英語や操作方法が分からなくても、ほとんど直感的に扱えるということです。

▼比較として、僕が普段使っている動画編集ソフト(ダビンチリゾルブ)の画面を載せておきます。

パっと見は似ていますが、明らかに違うのが「ボタンの数」です。ムービーメーカーは物凄くシンプルだと分かります。

ムービーメーカーはココが違う!

ぶっちゃけ、無料動画編集ソフトは探せば沢山あります。

有名なところで言うと、Filmora(フィモーラ)などがそうです。ただ、なんでもかんでも無料で済んでしまっては、有料ソフトが売れません。

そのため、無料のソフトには制限が付きがちです。

例えば、

・動画内に透かし(ロゴ、ウォーターマーク)が入っていたり
・使えないエフェクトがあったり
・〇〇日という期間内でしか無料で使えなかったり

などです。

そんな無料動画編集ソフトにありがちな制限が、ムービーメーカーには無かったりするので、ここからは、「ムービーメーカーの強み」について、詳しく解説していこうと思います。

2.ムービーメーカーの強み3つとは?

①透かしが無い

まず1つ目の強みですが、ムービーメーカーは無料版でも「透かし」が入りません。

▼例えばフィモーラですと、このような「透かし」が入ります。(なんなら最後に、「Filmora」という宣伝も入ります)

なぜ透かしが入るのかと言うと、「タダで使わせてあげるんだから、せめてロゴぐらい入れて宣伝させて!!ということなのです。

▼なので、「もし、透かしを消したいのであれば、有料版を買ってね」という流れとなります。

▼ただ、これがムービーメーカーだと、透かしが一切入らないのです。

“無料だけどロゴ無しで使っていいよ”というのが、ムービーメーカーの優しい所でもあり、強みの1つとなっております。

②エフェクト制限無し

次が、ムービーメーカーは無料版でも「エフェクトの使用制限がない」です。

つまり、課金しなくても、どの加工機能も使えちゃうよっていうことです。

これも①で紹介したロゴ同様、無料版あるあるなのですが、やはり全ての機能を無料で使えてしまっては有料版が売れる訳ないのですから、使える機能に制限がかかります。

「このエフェクトカッコイイ!!」と思う物に限って、有料版でなければ使えなかったりするのです。

ただ、ムービーメーカーはここでも太っ腹です。なんと全エフェクト(その他テキストやエレメントも)が無料版で使えるのです。これは感動しました。

③2分以内ならずっと無料

そして最後が、「2分以内の動画ならずっと無料で使える」です。

無料ソフトでありがちなのが、

「〇〇日間無料でお試しできます」

という謳い文句です。

無料動画編集ソフトと書いていても、「ずっと無料」なのではなく、「一定期間だけ無料」のパターンも多いです。

ですがムービーメーカー、流石です。使用期限は設けられておりません。別に1年でも2年でも、無料で使おうと思えば使えるのです。



し、

動画の尺のみ制限がございます。

それが「2分以内」です。

「2分以内の動画なんて作ってどうするんだ」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と使う機会は多いです。例えばインスタだと、ストーリーなら60秒、リールだと1分30秒以内のものしか投稿できません。

僕はTikTok(ティックトック)を使ったことがないのですが、恐らくティックトックも同じぐらいの秒数だと思います。

他にも、友達の誕生日ムービーなんかも、あまり長いものだったり、サイズの大きいものだとLINE(ライン)で送ることが出来ません。

なのでそれらを考えると、2分っていうのは十分な時間だと思います。

最初の3本がアツい!!

とはいえ、どうしても2分を超える動画を無料で作りたいんだ!という方もいらっしゃると思います。

そういった方に朗報なのですが、ムービーメーカーは「無料版でも」「最初の3本」「時間制限ナシ」で使えるのです…!

流石にに優し過ぎないか…?と少し怪しくも思うのですが、もう遠慮なく使えるもんは使わせていただきましょう。(笑)

3.ムービーメーカーの操作方法は?

動画で解説しました

▼操作方法は映像の方が分かりやすいと思うので、こちらで解説しています。(動画の中盤からです)

横で撮った映像を縦動画にする方法

▼ちなみに、「横」で撮った動画を、こんな感じでインスタのストーリーなどの縦動画にする方法をご紹介して終わりにします。

以上です。

ぜひ、たくさん活用してみてください。

まとめ

・無料動画編集ソフトMiniToolムービーメーカーは、無料なのに制限が少なく、シンプルで使いやすいので初心者にオススメ
・2分以内の動画しか作れないという制限だけある(ただし、最初の3本は例外)
・動画編集始めたばかりの人の練習ソフトとしてオススメ

タイトルとURLをコピーしました