【車の塗装】ミッチャクロンって何?使い方は?【簡単まとめ】

「クルマ」の面倒を手放す

『ミッチャクロンって何?使いやすいの?』

という疑問に、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、塗装の手間を手放していきます。

スポンサーリンク

1.ミッチャクロンとは?

プライマー(下地)

ミッチャクロンとは、染めQで有名な「染めQテクノロジィ」さんから出ている「プライマー(下地)」です。

一般的な下地との違いは?

ミッチャクロンが一般的な下地と大きく違うところは、

・表面張力を低下させて付着面を広げ、密着力UP
・ペーパー研ぎが一切不要。作業時間短縮

だと思います。


簡単にまとめると、ラクなのに強いってことですね。

その分、普通の下地より若干高い気がします。なので、どちらをとるかですよね。ですが、めちゃくちゃ時間も労力もかかるペーパーがけが要らないのはデカすぎます。

スポンサーリンク

2.ミッチャクロンの使い方は?

超簡単

ミッチャクロンは、ペーパーがけが不要なので、

脱脂 → ミッチャクロン → 塗料

でOKです。


※脱脂とひとくくりにしましたが、油分以外にも“汚れ・水分・ホコリ等”を取り除いてください。

注意点は?

15~20cm程度離して、薄く均一に1回~2回塗ります。薄膜で十分な密着が得られるので、厚塗りは避けてください。

あとは相性があるので、こちらよりご確認ください。
> ミッチャクロンとの相性一覧

乾燥時間は?

乾燥時間は、20℃・湿度60%で、20~30分程度です。

温度の低い時(5℃以下)、高湿度の場合は、十分な密着力が得られない場合があります。

その場合は前もって被塗面を温めておくか、塗装後温めるようにしてください。

スポンサーリンク

まとめ

・ミッチャクロンは、ペーパーがけがいらないプライマー(下地)
・なので、脱脂→ミッチャクロン→塗料でOK
・厚塗りしないように気を付ける