【酸性?アルカリ性?】サンポールで錆びを取る方法は?【中和が必要?】

「面倒くさい」を手放す

『サンポールで錆びって取れるの?注意点は?サンポールじゃなきゃダメ?』

という悩みに、答えていきます。

こんにちは、エイタです。
面倒くさがりなので、手放して生きてます。

今回は、サビを手放していきます。

スポンサーリンク

1.サンポールで錆びを取る方法

サンポールで錆びを取る

サンポールでの錆取りを検索していくと、
「酸性」「中和」「アルカリ性」というワードが出てきます。

これらのワードについて説明していきます。

酸性、アルカリ性とは?

まず最初に、酸性・アルカリ性についてです。

少し理科っぽいことを書くと、水は「H2O」と書きますよね。そのH2Oは、「H+(水素イオン)」「OH-(水酸化物イオン)」で出来ています。

そんな水の中に、

水素イオンが多い状態を酸性
水酸化物イオンが多い状態をアルカリ性

ということになります。

それぞれの特徴は、酸性はサビを溶かしアルカリ性はタンパク質を溶かします。

中和とは?

次に中和についてです。

酸性とアルカリ性を混ぜることで、互いの性質を打ち消しあいます。これを中和と言います。

スポンサーリンク

2.サビを取る方法は?

やり方は?

錆びを取る手順は以下の感じです。

酸に浸ける

水で洗い流す

すぐにアルカリに浸す

水で洗い流す

キレイに拭きあげる

酸に浸けると錆びが取れます。ですが、酸が残った状態だと、更に錆びてしまいます

そのため、アルカリに浸けて中和を行う必要があります。

酸性の物とは?

酸は、トイレ用洗剤の「サンポール」が強い酸です。

100均に売ってある、サンポールもどき「ネオナイス」でもOKです。

アルカリ性の物とは?

アルカリは、「重曹」「灰汁(アク)」「油汚れ用マジックリン」などです。

強さで言うと、重曹 < 油汚れ用マジックリン < 灰汁 です。

スポンサーリンク

まとめ

・錆びはサンポールで取ることができる
・ただし、錆びを取って終わりじゃ余計に錆びる
・サンポールで溶かして、灰汁で中和が良さげ